どうしたらいい?双極性障害と家族との付き合い方

どうも、みなさんこんにちは!!
黒兎です。
前にYouTubeのコメントにて、
「双極性障害の人とどう付き合ったらいいかがわからない」
「どう接したらいいのかがわからない」と質問がありました。
これに関して、動画では説明をしたのですが、
ブログでも再度お話しさせていただきます。

 

双極性障害という病気を理解し、受け入れる

私の家族は双極性障害について知ろうとしていませんでした。
なので「気の持ちようだ」「単なる甘えだ」そんな風に言われてきました。
実は私の母親が双極性障害を患っていたので、
同じ病気だと認めたくなかったのかも知れません。
ただこれは甘えとかじゃなく、病気がこういう症状を
もたらせているので、そこは理解して頂きたいです。
まずは双極性障害という病気を家族の皆さんにも
受け入れてあげて欲しいです。

 

うつ状態と躁(そう)状態がある 

双極性障害の多くの患者さんはうつ状態が長いため、一見「うつ病」と
勘違いしやすいです。
ですが、双極性障害はうつ状態と躁状態の2種類が波になって現れます


双極性障害の詳しい病態はこちらをご覧ください

 

躁状態は「治った」と勘違いしやすい

躁状態に移行したら、いつもよりテンションが上がってしまい、
多弁傾向にあります。そうした様子を見ると
「治ったのではないか??」と思ってしまいますが、
これは大きな間違いです
また、患者本人も躁状態だと気付いていない場合が多いので、
患者の周りにの方が注意深く見守ってあげることが
大切です。
もし状態が酷い(性格が変わった、暴力的になったなど)場合は
病院へ受診する。もしくは、頓服薬がある場合は服用するように
促してあげることが大切です。

 

この言葉は言わないで

私個人的な意見にはなってくるのですが、私が言われて嫌だった言葉は、
「頑張ってね」「甘えないで」「ダラダラしないで」「いつ治るの?」「大丈夫?」
と言われたことですね・・・
早く治して欲しい!!頑張って!!って声をかけたくなるのは
とてもわかるのですが、私はその言葉自体に「プレッシャー」を
感じていました。
うつ状態の時は、話しかけられること自体が嫌だと感じる患者さんも
多いですので、できるだけそっと見守ってもらえたらな・・・と
思います。

 

最後に・・・

私は人に今の状態を伝えたらどう思われるんだろう・・・と気にしてしまって
なかなか病気の状態を人に言えなくて苦しんでいました。
一番大事なことは、話しやすい環境を作ってあげることだと思っています。
患者さんの多くは自分の辛さを人に言えなくて、
孤独を感じいる方も少なくありません。
なので優しく話を聞いてあげてください。
そして病状を理解して頂けたらなと思っています。
こちらの動画も参考にしてください↓。

 


♦↓ランキングに参加しています。1クリックお願いします♦
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です