精神疾患になる原因は家庭事情が関係している!?

どうも、みなさんこんにちは!!
黒兎です。
私はTwitterで、精神病患者さんの相談に乗ることがあるのですが、
その多くの人は幼少期の家庭環境がよくなかったという答えが返ってきました。
実は、私のところも家庭環境は最悪でした・・・
一概に家庭環境が原因であるとは言えませんが、
関係はあるのかな??と感じたので、
今回は私の家庭環境についてお話しします。

 

家族構成

私の家族構成はこんな感じです↓

 

幼少期

実は母親との記憶はあんまりありません。
なぜかと言うと、私の家族は共働きで、母親も働いていました。
母親が仕事に行っている間、私は託児所で過ごしていました。
なのでこの頃の思い出は、託児所での出来事のみです。

家の中はと言うと、父親は日勤と夜勤の交代制の為、
あまり会話をした記憶がありません。
父親と母親が会話していた記憶も残っていませんし、
仲が良かったのかすらちょっとわからないです。

 

母親の変貌

・よく怒るようになった

私が幼稚園に上がったくらいから母親が少しおかしくなっていきました。
温厚な性格だったのに、急に怒りっぽくなったのです。
私は昔めっちゃ食が細くて、食べ物をよく戻す子供だったのですが、
よく怒られていました。
(今まではそんなに怒る人じゃなかったのに)
ご飯が食べれない時はよく閉じ込められていました。
その時の記憶はめっちゃ覚えています。
(消えて無くなって欲しい記憶ほど鮮明に覚えてるw)

 

・買い物依存症

これは父親もびっくりしていましたが、ある日、母親の服が
クローゼットの中から大量に見つかったのです。
母親曰く、「たくさんあっても困らないでしょ。必要な物だから」と・・・
まぁ正常な感覚ではないですね・・・
(私もこの経験はあるので痛いほどよくわかるけどw)

 

・リストカットと浮気

これは祖母から聞いた話なのですが、私が幼稚園年中〜年長だった頃、
母親は若い男性と浮気をしていたようです。
父親は、なかなか家に帰ってこない母親に何度も連絡を
していたようです。
そのストレスからか、リストカットをし始めました。
確かに父親は仕事でほぼほば家に居なかったし、
母親も仕事をしていたから、ストレスのはけ口が
無かったのかな??って思うけど自業自得な感じはします・・・

 

精神科へ

祖母がこの出来事に耐えかねて、母親に精神科へ受診するように
促します。
その行った精神科での診断は「双極性障害」「解離性同一性障害(DID)」と
言われたようです。
そこから入退院を繰り返すようになりました。

 

借金が発覚する

先ほど、買い物依存で服が大量に見つかったという話をしましたが、
なんと借金をしていた事が家族全員にバレました。
まぁ父親名義のクレジットカードだったんでバレて
当然なんですけどね笑
金額は500万
恐ろしい・・・( ;∀;)

 

離婚へ・・・

病気、借金がきっかけで、離婚を決めたそうです。
私は父親に。弟は母に引き取られました。
(生き別れってやつです)
この時私は小学校1年生でした。
突然の出来事だったんで本当に悲しかったです。

 

それからの生活・・・

主に祖母と祖父に育てられました。
父親は帰宅も遅かったし、一緒にいても全く会話を
する事が無かったんで、一緒にいる方がしんどかったですねw
家にいても、学校に居ても自分の居場所は無かったです。
甘えられる人も居ませんでした。

それから6年後に父親は再婚し、義母と3人での生活が始まりました。
(2世帯なのは変わっていません)
義母は私への束縛が酷くて、門限などが厳しく、
常にストレスが溜まっていました。
(父親が言ってくるのはまだわかるんだけどね・・・)

社会人になってもこの束縛は続きました。
(これで何度苦労したかww)
そんなこんなで双極性障害と診断を受けた約一年後に
当時の彼氏(現在の旦那に当たる)と同棲を始めて、
ようやく自由になれました。

 

性格は幼少期で決まるは当たっているかも!?

「人間の基本的な性格は、幼児期に決定される」

出典:kagosimaufo.blog.fc2.com

とS.フロイトは言います。

(https://matome.naver.jp/odai/2141223752683151001 より引用)

これは私は「当たってるな」と思っています。
私は親がこんな感じだったんで、親にさえ甘えた事は無くて、
今でも人への甘え方はよく分かりません。
親に「こうしてほしいなぁ」っていうのを言えなかったので、
それが今も続いていて、人に本音を言うのは難しく、
困ったりする事は多々あります。
その積み重ねで、病気を発症してしまったのでは無いか??
と私は思っています。

 

最後に・・・

もし、家庭環境も原因のひとつかも・・・??と
感じたら、自分は病院で今こういう診断を受けていると
診断書を見せて、必要ならば一緒に診察を受けることをお勧めします。
環境を変える事が一番近道であると私は思っているので、
家から出られるのであれば、それに越した事は無いと思います。
寛解期に至るまでは、長い道のりですが、少しづつ治していきましょう!!
YouTube動画では簡単にまとめていますので、
お時間のある時にご覧ください☆


♦↓ランキングに参加しています。1クリックお願いします♦
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です