「普通」って他人には通用しないよ??

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村(訪問の際、1クリックお願いします)

どうも、みなさんこんにちは!!
黒兎です。

日常会話の中でよく「普通」という言葉を
使ったり聞いたりしますが、私的には
「ん??普通ってなんだ??人によって
”普通”の基準って変わるだろ・・・?」って
思うようになりました。
(特に病気になってから)
なんで今回は”普通”は他人には通用しない理由を
お話ししていきたいと思います。

 

そもそも「普通」という言葉の意味とは・・・

[名・形動]特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。
それがあたりまえであること。
また、そのさま。「今回は普通以上の出来だ」「普通の勤め人」
「朝は六時に起きるのが普通だ」「目つきが普通でない」
[副]たいてい。通常。一般に。「普通七月には梅雨が上がる」
[用法]普通・[用法]普段・[用法]通常――
「普通(普段・通常)は六時半に起きる」のように、へいぜいの意では
相通じて用いられる。◇「普通」は意味の範囲が広く、
「どこにでも普通に生えている草」のように、ありふれている、
珍しくないの意、「ごく普通の子」「普通科」のように、
特に変わりがない・平均的・一般的なの意に使われる。
これらは「普段」「通常」は使えない。
◇「普段」は、常日ごろの意に重点があり、「普段の力を出せた」
「普段の心がけの問題だ」などでは「普通」「通常」は使えない。
◇「通常」は文章語的。いつもどおりで特別の事情がないこと・場合をいう。
「勤務時間は通常九時から五時までとする」は、「普通」も使えるが、
特別の事情があれば変わることもあるという含みも込められている。

 

普通の基準は「自分」

goo国語辞典では「それが当たり前のこと」「ごくありふれたこと」と
書いてありますが、当たり前だと自分は思っていても、
他人も当たり前だと思っているとは限りません。
(当たり前ですが・・・)

私は1日の8割は布団の中で生活しています。
これが私の「普通」なんですよね。
でもこれが普通なんて思う人は
そうそういないと思うんですよ笑
普通の基準は自分なんですよ。
他人に自分の”普通”を
強要してしまうと、
「え?それ私にとったら全然普通じゃないけど・・・」
となってしまいます。
なんで普通は他人には通用しないんです。

 

仕事でも同じことが言える

上からの指示で
「今日こんだけのノルマ普通にいけるだろ」
的なことを言われたとします。
人によっては
「いや・・・これはキツイやろ・・・」
「これは楽勝です!!先輩!!」
まぁ意見は分かれます。
(上司なんで、「できません」なんて言えないけど・・・)
人はみんな同じように動いたり、働いたりはできません。
仕事に”普通”なんてありません。
それは上の人が要求しているクオリティを
部下に押し付けているだけです
これで私もメンタルは喰らいましたねww
個人業務多すぎて、残業したら
「いつまで仕事してるの」って
逆に怒られたりねww
みんながみんな早く仕事をこなせるっていう訳では
ないんです。そこはわかって欲しかったなぁーって
思いますね。

 

最後に・・・

「普通」という言葉を使いがちですが、
「ちょっと使うのやめた方がいいかも・・・」って
思うようになりました。
精神疾患を患っていると、健常者のように
生活をする事自体困難になって来ます。
なのに”普通”を強要されたらたまったもんじゃ
ないです。
メンタルやられます←
もし、”普通”を要求されても
私、それ普通じゃないので(`・∀・´)
(どっかで聞いたことあるぞそのセリフww)
と言う事も大切です。

♦↓ランキングに参加しています。1クリックお願いします♦
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です