気分安定剤は副作用が多い!?私が気分安定剤を服用していない理由

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村(訪問の際、1クリックお願いします)

どうも、みなさんこんにちは!!
黒兎です。

よくYouTubeのコメントで、
「薬が少ないね」
「気分安定剤が処方されてないけど、本当に双極性障害なの??」と
言われた事がありますが、双極性障害という診断はちゃんと下っています。

じゃあなんで黒兎は気分安定剤を飲んでいないのか??
これから説明していきます!!

 

副作用で服用禁止となった


↑動画でも説明しましたが、薬疹の影響
飲めなくなった薬が2種類あります。
それぞれ紹介します。

 

・テグレトール(カルバマゼピン)


何mg飲んでいたかまでは覚えていませんが、
服用3日後に顔に点状紫斑が出現した為、
服用禁止となりました。

テグレトールの副作用はこちら↓

主な副作用として、眠気、めまい、ふらつき、けん怠・易疲労感、運動失調(運動の調子が狂った状態)、脱力感、発疹、頭痛・頭重、立ちくらみ、口渇(喉が渇く)、血管浮腫(顔、舌、喉の腫れ)、かゆみなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・喉の痛み、出血傾向、貧血症状 [再生不良性貧血、無顆粒球症などの血液障害] ・発熱、皮膚の発疹・水疱、眼の充血や唇・口内のあれ [中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、紅皮症] ・発熱、発疹、リンパ節の腫れ [過敏症症候群] ・食欲不振、全身倦怠感、白目や皮膚が黄色くなる [肝機能障害、黄疸] ・めまい、失神、徐脈 [うっ血性心不全、房室ブロック、洞機能不全、徐脈] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。
https://allabout.co.jp/r_health/healthdb/medicinedb/detail/850556 より引用)

 

 

・ラミクタール(ラモトリギン)


この薬に関しては、増量中でした。
25mg→50mgに達した時に顔と足に点状紫斑が出現
それ以前からちょっとした異変はありました。
それは全身にアザができるようになったんです。

「ぶつけたにしては場所がおかしいなw」と
思ったんですが、まさかアザが薬疹だなんて思わない
じゃないですかww←
ただもう気付いた時には遅かったですね・・・
症状はかなり進行しており点状紫斑が
出現した時には、
腹痛、(特に胃が痛くて動けない)吐き気、食欲不振、関節痛が
ありました。
症状が「全身性エリテマトーデス」に似ていたので、
大きな病院で診てもらったら、
アレルギー性紫斑病へノッホシェーライン紫斑病)」
という診断が下りました。
原因はラミクタールである可能性があると言われ、
以後服用禁止となりました。
ラミクタールの副作用はこちら↓

    • 主な副作用として、発疹、頭痛、胃腸障害、傾眠(意識がぼんやりする)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
    • まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
      このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
      • 発熱、眼の充血、口唇・口腔粘膜・陰部のびらん
      • [中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群]
      • 発疹、発熱、顔面浮腫
      • [薬剤性過敏症症候群]
      • 貧血症状、発熱、のどの痛み
      • [再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症]
      • 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる
      • [肝炎、肝機能障害、黄疸]
      • 首の硬直、発熱・頭痛、吐き気・嘔吐
      • [無菌性髄膜炎]
    • 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

 

そもそも処方をしてくれない薬がある

私は現在既婚している為、担当医師から
妊娠の可能性は否定できないので、処方できません
と断られた薬が2種類あります。

・リーマス(炭酸リチウム)

・デパケン(バルプロ酸ナトリウム)

どちらも共通する副作用は
催奇形性があるということです。
なので私は服用禁止となっています。

デパケンは過去に(結婚前)服用したことがありますが
飲んで1週間で5kg太ってしまい、
なかなか元に戻らなかった為、
服用はそれ以降していません。

リーマスに関しては結婚する前も処方は
してもらえませんでした・・・
副作用が多いからですかね・・・??
(京都の病院なんで真相は知らずじまいです・・・)

 

最後に・・・

私の体質上、合わない薬が多いみたいで、
多くの薬を飲むことができません・・・
薬疹や副作用もキツく出てしまう傾向に
ある為、できるだけ副作用の少ないものを
処方してもらっています。
その結果が頓服として服用している、
ジアゼパム(うつ時)とロラぜパム(軽躁時)+睡眠薬という
ちょっと変わった処方になっています。

気分安定剤がないからといって、
双極性障害では無い!!という訳ではありません。
(ちょっとさすがに頓服だけではしんどくなって
きたので、2018.1.12より新しい薬が追加となりました)

精神薬(特に気分安定剤)は副作用が多いです。
何か異変があればすぐ病院へ連絡することを
お勧めします!!
悪化してからでは遅いですよ・・・??


♦↓ランキングに参加しています。1クリックお願いします♦
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です