障害年金の申請前に確認すべき3つのポイントとは??

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村(訪問の際、1クリックお願いします)

どうも、みなさんこんにちは!!
黒兎です。
現在私は、障害年金の手続きを
している最中なのですが、
「障害年金って何??」
「どんな人が申請できるの??」という
疑問がある方がいるかも知れませんので
今回は、「障害年金についてと、申請前に
確認しておくべき3つのポイント」をお話ししていきます。
動画もありますので、是非こちらも
ご覧ください☆

 

 障害年金とは??

対象年齢は20-64歳となっております。
原則:老齢年金と障害年金は同時に受給できません。  
うつ病、統合失調症に代表される精神疾患、脳梗塞、
心疾患、腎疾患、ペースメーカーや人工関節を
体に入れた方、人工透析を受けている方など幅広い
病気(障害)が対象となります。

 

 障害年金の相談はどこでしたらいいの??

年金事務所又は役所などで相談することができます。
年金事務所では、無料の相談会が行われている
所もあり、そこで受給の可能性があるかどうかの
判断をしてくださる所もあります。

 

 申請前に確認すべき3つのポイントとは??

 

・初診日の確認

私は、年金事務所が開催している、無料相談会の時に
これは非常に重要な項目だと言われました。
そして、私も勘違いしていました・・・
私の場合は、精神状態よりも先に身体的症状が
(胃が痛い、便通異常)現れたので、
総合病院の消化器内科を受診。
その時に過敏性腸症候群(IBS)と
診断された1ヶ月後に精神状態が悪化したので、
心療内科を受診しました。

私は心療内科へ初めて行った日が初診日だと
思っていたのですが、そうではない場合も
ありますので、ここの確認は必要です。

 

・年金の支払い状況と、加入していた年金の種類

年金を支払っていない場合は障害年金を
受け取ることはできません。
後、大事になってくるのは、初診日に加入していた
年金の種類です。
(⚠︎現在ではなく初診日に加入していた年金です!!)
国民年金だった場合→1〜2級まで
厚生年金だった場合→1〜3級まで
厚生年金だった方の方が有利にはなってきます。

 

・障害認定日

障害者認定日は初診日から1年6ヶ月を経過した日を指します。
なので、一年半以上病院へ通っている事と
障害認定日から現在において日常生活に支障を
きたしているかがポイントとなってきます。

障害者認定日にも等級があります

黒兎
障害者手帳の等級のこと??
って思われるかも知れませんが、全く関係がありません。
なぜかと言うと、
国民年金だった場合→1〜2級まで
厚生年金だった場合→1〜3級まで
となっており、加入年金によって級が異なるからです。
初診日から1年半経った時の診断書により
障害認定日の等級が決まります。
※ちなみに障害者手帳を持っていなくても、申請は
可能です!!

 

 最後に・・・

障害年金はだんだん審査が厳しくなっているらしく、
申請の仕方もとてもややこしいです・・・
なので、現在申請を考えている方は
お近くの年金事務所にて相談することを
お勧めします!!


♦↓ランキングに参加しています。1クリックお願いします♦
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です