障害年金の申請の流れとは??

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村(訪問の際、1クリックお願いします)

どうも、みなさんこんにちは!!
黒兎(@kurousagi_523)です。

以前障害年金の申請前に確認すべき3つポイントとは??

という記事を書いたのですが、
その続きです。

3つのポイントをクリアしたら申請していきましょう!!
ということで今回は障害年金の申請の流れを説明していきます。

 

 

 申請の流れ

申請の流れとしては↓

手続きに必要な書類は↓

  • 障害年金裁定請求書
  • 年金手帳
  • 年金振込先金融機関のコピー
  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 課税証明書
  • 診断書
  • 受診状況等証明書
  • 病歴状況申立書
  • 障害者手帳(無くても大丈夫です)

※ケースによっては、提出不要な書類もあります。

上記の書類を全て揃え、年金事務所に提出して
申請完了となります。

この申請は個人で全てを行う場合と、
社労士さんにお願いするという、
2つの方法があります。
それぞれメリットとデメリットがありますので
それぞれ紹介していきます。

 

 

 それぞれのメリットとデメリット

個人でやる場合のメリットとデメリット

個人で申請を行う場合、社労士さんに
お願いするより、費用が安く済みます。
(診断書・公的機関発行書類の費用分3〜5万程度)

個人で行う場合、申請書類を何枚も書く必要があります。
書類の書き方が分からない場合は、
年金事務所を訪ねると教えてくれます。

社労士さんにお願いする場合のメリットとデメリット

作業のほとんどは社労士さんが行って
全て行ってくれます。
しかし、診断書、公的機関発行書類だけは
自分で取得する必要があります。
(公的機関発行書類は郵送でも請求が出来ます)

個人で申請するよりかなり楽ですが、
報酬が発生するので費用が高くつきます。
(障害年金の2ヶ月分と言われています)

社会保険労務士事務所によっては
着手金がかかるところもあり、
不支給となった場合、このお金は
戻ってこないところもあります。
なので、社労士さんにお願いしようと
考えている方は、事務手数料や、着手金といった、
先払いが発生する、しないの有無は
必ず確認しておきましょう。
社会保険労務士事務所の中には
完全成功報酬のところもあります。

 

 

 最後に・・・

私は社労士さんにお願いして、
障害年金の申請をしました。

理由は、申請当時うつ状態が酷かったので、
自分で行うのは難しいと判断したからです。

その結果はこちらの記事にて書きました。
障害年金の結果

これから障害年金を申請される方の
参考になればなと思います。

動画はこちら!!


♦↓ランキングに参加しています。1クリックお願いします♦
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です