双極性障害の治療で大事だと思っている事とは??

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村(訪問の際、1クリックお願いします)

どうも、みなさんこんにちは!!
黒兎(@kurousagi_523)です。

双極性障害は完治しないと言われており、
双極性障害の場合、寛解を目指して治療していきます。

そこで今回は、寛解を目指すにあたり
私が大事だと思っていることをお話ししていきます。

動画も公開しています!!

 

 

 そもそも寛解とは??

寛解とは、双極性障害の症状が(うつ状態や躁状態)
治って穏やかになった状態のことをいいます。

双極性障害の治療はこの寛解を
目指して治療していきます。

それでは本題へ!!

 

 薬での治療

賛否両論ありますが、私は薬での治療も
大事だと思っています。
私は1度、断薬を試みたことがあり、
その時に酷い目にあったので余計かもしれません笑

全ての薬を飲むのを止めたらすごい事になった

確かに薬を服用することでデメリットはあります。
(薬物依存・副作用が多いなど)
でも私は薬のおかげで毎日過ごせていますし、
病気を発症した頃より、症状の重さだったり、
うつ状態や躁状態の度合いが軽くなっているのも
確かなので、薬物治療は大事かなと私は考えます。

状態が落ち着いてきて、減薬出来そうなとこまで
回復してきたら、主治医に相談し、
徐々に減らしていけたらなと思っています。

 

 

 考え方や思考法を変える

「今から思考法を変えてみて!!」
なんて言われても、

黒兎
それは難しすぎる・・・

でも主治医から

主治医
思考法を変えた方がいいよ!!

と言われました・・・

例えば、
・自己否定をやめる
・暗い言葉を使わずに、明るい言葉を使うようにする
・自己肯定感を高める etc…

考え方の歪みが原因で
病状が良くならないのかな??
とも思ったので、考え方や思考法を変えるというのは
必要になってくると思います。

でも、すぐに考え方を変えろ!!なんて言われても
それはさすがに難しい・・・

そこで、アドラー心理学とNLPの本を購入しました。
読書も状態の良い時にしか出来ないけれど、
考えの変え方などが書いてあるので、
少しづつ取り入れていきたいと思っています。

 

 

 日常生活で気をつけている事

うつの時

うつ状態の時は気分が上がるまで
ひたすら休んでいます。

うつ状態の時って何も出来ない自分を責めたり、
夫に迷惑かけてるとかネガティブな事ばかり
考えてしまって、どんどん気分が落ちて
うつがひどくなっていく一方・・・

かと言って無理して行動しても、
体調は悪化してしまう・・・

夫からも無理をして体調を崩して
うつが酷くなるのならゆっくり休みーと
言ってくれたので、うつ状態になったら
早めに休むことを心掛けています。

 

フラット状態の時

フラット状態の時も無理だけはしないように心掛けています。

私はフラット状態の時も危険だと思っていて、
それはなぜかと言うと、
うつ・躁どちらに転ぶかが分からないし、
フラット状態だと思っていたら実は躁状態だったなんて事も
何度かあったから。

これは私の中では結構怖いんです。
フラット状態だと、家事も普通にこなせるので、
掃除やろーとかご飯作ろーとか出来ちゃう反面、
やり過ぎたらうつ状態になる。
もしくは躁状態になってしまっている・・・

それはかなり困るので、
フラット状態の時は家事したり、動画撮影したり、
動画の編集したり、ブログ作成したりはするんだけれど、
“3時間だけする!!”
と時間を決めて作業をするようにしています。

 

外出をしてセロトニンを浴びる

気分が比較的良い日はできるだけ外出するよう
心掛けています。

どうしても調子が悪く外出することが出来ない時は、
ベランダに10分出るだけでも効果があるみたいです。

うつが酷い場合は無理をしないでくださいね。

 

ご飯はきちんと食べる

うつが酷いとご飯を自分で用意して食べるということが
困難に・・・。

私もうつ状態が酷いとき、朝昼は食べずに、
夕食だけということが多々あります。

そのことを主治医に話したところ、

主治医
りんごやヨーグルト、野菜ジュースでもいいので口に入れて下さい
と言われたことがあります。
(特に、りんごとバナナは栄養価が高いので、お勧めだそうです)

それからは家に常備してある、
野菜ジュースを飲み、それを食事の代わりとしています。


生活リズムを崩さないようにする

主治医
生活リズムだけは崩さないように!!
主治医からずっと言われ続けています。

特に、昼夜逆転しないようにと診察のたびに
言われています。

私は過眠状態の時もあれば、不眠状態の時もあります。
過眠状態だと昼間凄く眠くなって、
つい長い時間昼寝しちゃう時があります。

不眠の時は夜眠くならないのに、
変な時間に眠気が襲ってきて、
気付いたら長時間寝ていた・・・
なんてことが多々ありました。

後、眠気を覚まそうと、コーヒーなどのカフェインも
1日に何杯か飲んでしまって、夜寝られなくなる・・・
なんてこともありました。

そこで、主治医に相談した際ところ、

主治医
過眠・不眠時共に、昼間寝る時間を30分と決めること。コーヒーなどのカフェインは寝る前の6時間までにして下さい

それを守るようにしてからは、
不眠時であっても夜、何時間かは眠れるようになりました。

 

 

 最後に・・・

今回は私が双極性障害の治療で大事だと思っている事を
お話していきました。

参考になればばと思います。


♦↓ランキングに参加しています。1クリックお願いします♦
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です